ELTRES対応通信モジュール

CXM1501GR

ソニーは、IoT向けに独自開発した低消費電力広域(以下、LPWA:Low Power Wide Area)通信規格のELTRES™(エルトレス)に対応した通信モジュール『CXM1501GR』を商品化します。本商品が組み込まれたIoT向け端末機器は、今秋サービス開始予定の「ELTRES IoTネットワークサービス」※1に接続することが可能となります。
幅広いIoT向け端末機器への採用を推進することで、長距離や高速移動中の安定的な無線通信の特長を活かした多様なサービスへの展開と、新しい市場の創造を図ってまいります。

※1: ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社、NECネッツエスアイ株式会社、オリックス株式会社の3社がサービス提供。

多くのIoTシステムは、各種センサーから得られた情報を、無線通信でクラウドサーバーに転送し、クラウドでデータ蓄積、処理を行い、その結果をユーザーのスマートフォンやタブレットに表示する構成となっています。LPWAネットワーク技術は、伝送するデータ量が少なく、低消費電力かつ広域で利用可能な無線通信技術で、IoTシステムの通信用途として今後大きな需要が見込まれています。

本通信モジュール『CXM1501GR』は、ELTRESの通信規格のプロトコルに基づき、920MHz帯での電波を発信する新開発の変調LSI、および外付けアンテナとのインピーダンス整合を行う回路を内蔵しています。さらに、IoT向けに重要なセンサーの一つである時刻情報と位置情報を取得するGNSS受信LSI、およびGNSS受信に必要なSAWフィルタ等の高周波部品をすべて内蔵しています。そのため、本商品を採用することで、多種多様なIoT向けエッジデバイスを容易に設計できます。

主な特長

  • 低消費電力で、狭帯域の通信において良好なSN比が得られる、π/2シフトBPSK変調(二位相偏移変調)LSIを内蔵
  • 920MHz帯の外付けアンテナとのインピーダンス整合を行う回路を内蔵しているため、汎用アンテナを使用する場合は直結が可能(専用アンテナの場合にはアンテナ設計が容易)
  • 高感度・低消費電力のGNSS 受信LSIを内蔵し、GPS・GLONASS・QZSS(みちびき)に対応
  • GNSS受信の高周波回路を最適化して内蔵しており、アンテナの直結が可能
  • 日本電波法に基づいた、無線設備の工事設計認証を取得済み(認証番号:007-AG0043)であり、推奨アンテナを使用される場合は、お客様での認証取得不要
  • 日本電気通信事業法に基づく技術基準適合認定を取得済み

CXM1501GRのブロック図とシステム構成例

主な仕様

ELTRES対応通信モジュール『CXM1501GR』

セキュリティ機能 搭載
サイズ 16mm×16mm×2.0mm
パッケージ 65pin LGA (0.5mm ピッチ)
電源電圧 2.0V
インターフェイス UART

ELTRES通信規格の概要

空中線電力 20mW
通信方向 上り一方向通信
送信周波数 923.6MHz~928.0MHz
(23チャネルのうちの1チャネルを使用)
主変調方式 π/2 Shift BPSK 
副変調方式 線形チャープ変調
送信方式 0.4秒以下のパケットを繰り返し送信
他システムへ与える妨害の軽減 キャリアセンスによる空きチャネル確認
誤り訂正符号 LDPC(Low Density Parity Check)符号
実転送レート:
ユーザーペイロードビット
数÷実送信時間
80bps(チャネルレートは6.35kbps)
受信感度 -142dBm

ELTRES™とは

ELTRES