製品情報

イメージセンサー

多様な環境下で鮮明な画像を撮影できる監視カメラが必要とされています。ソニーのイメージセンサーは、夜間の撮影にも適した高感度の動作により、そうした需要に応えます。

STARVIS

  • STARVISロゴマーク

    STARVISは、監視カメラ用途CMOSイメージセンサー用 裏面照射型画素技術です。1µm2あたり、2000mV以上(カラー品、706cd/m2光源撮像時、F5.6, 1s蓄積換算)の感度を有し、可視光領域に加え近赤外領域までの高画質を実現しました。

  • STARVISと従来のものを比較した画像

STARVIS Gallery

What's STARVIS ?

  • STARVIS Slide show

STARVIS Logo dataの提供

TARVIS logo image Use of positive reproduction, Use of negative reproduction

以下の場合に限り、ソニーの承諾を得ることで、お客様がSTARVISのロゴをご使用頂くことができます。ロゴデータのご提供にあたっては、ロゴ使用同意書の取り交わしを実施させて頂きます。
詳しくは、当社へ直接お問い合わせください。

対象製品: STARVIS技術搭載のソニー製 CMOS image sensorを採用したお客様の製品
対象媒体: 対象製品の外箱、カタログ、ポスター、商品紹介Web等の販促用資料、または、展示会での造作物(パネルなど)

  • Note:
  • ロゴは、製品本体、システム(アプリ画面内等を含む)には、ご使用頂けません。
  • ロゴ使用同意書の取り交わし前に、事前審査を実施します。結果のお知らせは非公開とさせて頂きます。
    全てのお客様のご要望にお応えできるとは限りませんのでご了承ください。
  • ロゴの使用によって生じるいかなる事柄において、弊社は一切の責任を負いません。

STARVIS:裏面照射型CMOSイメージセンサー

表面照射型のイメージセンサーに対して、配線や回路などの障害物のない裏側から映像を取り込むため、より広範囲の光をフォトダイオードに集められるため、高感度を実現しました。 さらに、裏面照射型構造では初めてセキュリティカメラ向けとして専用開発した画素を採用しています。

Superior low light performance (0.5 lx)
Front and Back-illuminated structure diagram

SNR1s

SNR1sとは

ソニーは、セキュリティカメラにおけるCMOSイメージセンサーの低照度画質の定量評価ためのひとつの指標として、SNR1sを導入します。SNR1sは、セキュリティカメラ用途のCMOSイメージセンサーに限定した、ソニーが独自に提唱する指標です。その値が小さいほど、低照度での画質が優れていることを示しています。 SNR1s のSNRは、"Signal to Noise Ratio"を、1は、"ノイズを1とした時の信号量が1"であることを、また、sは、"for Security"であることを表しています。

SNR1s [lx] Prescribed Conditions
Application Security Camera
Light Source 3200 [K]
Target Object 18% Grey
F number 1.4
Exposure time 1/60 [s]
Linear Matrix without
Signal G [e-] (Sensor Raw Output)
Noise √Shot Noise[e-] 2 + Dark Noise[e-] 2
Signal : Noise 1 : 1

注:SNR1sは、セキュリティ用途のCMOSイメージセンサーに限定したソニー独自の低照度画質の指標です。

SNR1s測定法の概略図

  • SNR1sの測定の概略図を図1に示します。
    2方向から3200 [K]の光源を照射し100 [lx]に調光した18 %グレーチャートから、イメージセンサーの撮像面まで1mの距離にカメラを設置し、感度[e-]、および、暗時ノイズ[e-]を測定し、関係式(1)にて、SNR1s [lx]を算出します。 式(1)が1に等しいときの輝度は、SNR1s [lx]です。 詳しくは、当社もしくは当社の特約店へお問い合わせください。

    Formula to calculate SNR1s
  • Schematic diagram of SNR1s measurement

セキュリティ用途向けCMOSイメージセンサーのSNR1s値

  • SNR1s [lx] は、値が小さいほど、低照度での画質が優れていることを示しています。
注:
  • SNR1sは、セキュリティ用途のCMOSイメージセンサーに限定したソニー独自の低照度画質の指標です。
  • ソニーは、事前の告知を行わずに、SNR1sの値を変更する場合があります。
  • また、公表したSNR1sの値によって発生するいかなる事象においてもソニーは一切の責任を負いません。

NIR

不安を抱かせる暗闇。その暗闇の中でも鮮明な画像をとらえ、安心を与えるには近赤外光を効率良くとらえることが必要です。ソニーでは、Photo Detectorを近赤外光をとらえるのに最適な構造とすることで、暗闇の中でも鮮明な画像を提供します。

NIR light (850nmLED)

HDR

セキュリティカメラの映像では暗い部分と明るい部分が共存する映像が多々あり、そのどちらも鮮明にとらえる必要があります。そのニーズに応えるために明暗それぞれに適した画像を撮影します。この技術により、明暗両方の部分を鮮明にとらえ、セキュリティカメラの視認性向上を実現します。

HDR On/Off
このページの先頭へ