製品情報

イメージセンサー

Pregius,Pregius S Make Sense of Images

Pregius とは?

Pregius(プレジウス)は、ソニーの低ノイズCCD構造を採用し、高画質を実現したアクティブピクセル型CMOSイメージセンサーグローバルシャッター画素技術です。
CCDの優れた低ノイズとFA用途に求められるグローバルシャッター(GS)の高速性/高精度(Precision GS)が両立できたという意味を込めて、“Pregius”と名付けました。

グローバルシャッター

  • グローバルシャッター

  • ローリングシャッター

産業用途においては、しばしば高速で動く被写体を正確に認識する必要があります。これまでは、CMOSイメージセンサーではローリングシャッター方式が用いられてきました。そのため画像が歪むことがありました。グローバルシャッター方式は画歪みが発生しません。

  • グローバルシャッター

  • ローリングシャッター

これまでのローリングシャッター方式のCMOSイメージセンサーは、その原理上、フラッシュバンド現象が発生しました。グローバルシャッター方式はフラッシュバンドが発生しません。

Pregius

"Pregius"の特長のひとつは、高速・高画質です。これにより、生産ラインでのマシンビジョンによる高速・高精度な画像検査を可能にし、生産性の向上に大きく貢献します。また、画面の一部領域を指定して記録するなど、画像検査の効率を高める機能を搭載し、更なる生産効率向上に貢献します。

産業・公共インフラ・動画撮影など、様々なニーズをカバーする豊富なラインナップを提供します。

Pregius S

新たに開発された"Pregius S"では、裏面照射構造の導入により、"Pregius"の高い撮像性能を維持しながら、イメージセンサーの小型化とフレームレートの高速化を同時に進化させ、生産ラインの高効率化を一段と向上させます。さらに、積層構造の採用により、様々な機能の搭載や機能拡張が可能となりました。

裏面照射構造と"Pregius"のグローバルシャッター画素技術で、高画質性能をそのままに、イメージセンサーを小型化・高速化しました。さらに、積層技術の採用により様々な機能を搭載しました。

このページの先頭へ