製品情報

イメージセンサー

交通(ITS)

交通違反の取り締まりは、車が普及している先進国のみならず、今後普及が進む新興国においても共通の社会課題です。取り締まりの目的は、違反による事故を未然に防ぎ、誰もが安全に運転できる交通環境を維持することです。そのためのインフラとして、ITS(Intelligent Transport Systems)があります。カメラによるスピード違反や信号無視等の交通違反の検出、ナンバープレート認識やドライバーの顔認識を活用した予防安全施策など、安全な自動車社会に向けた取り組みが進んでいます。

交通システムは365日24時間止まることはありません。対象となる車の速度も速く、撮像するシーンも、昼間の強い日光下から、夜間でも照明によって様々です。

このような厳しい環境においても、高画質・高速なソニーのグローバルシャッターCMOSイメージセンサーは、対象を確実に捉えることができます。

代表的なユースケース

  • ナンバープレート認識
    超高速で走行車両のナンバープレートを識別するために、高速シャッター/読み出しに対応するグローバルシャッターイメージセンサーが適しています。複数の車線・車種をカバーする場合には高解像度のイメージセンサーが適しています。
  • ドライバー顔認識
    取り締まりの中でナンバー以外にドライバーや車種を特定する必要があるケースがあります。より広い範囲や異なる対象を認識するためには、カラーで高感度のイメージセンサーが適しています。
  • 違反検知
    交差点での信号違反や標識違反などを検知して取り締まるためには、信号、標識、車両を同時に広い範囲で捉える高解像度のイメージセンサーが適しています。
  • facebook
  • twitter
  • linkedin
このページの先頭へ