製品情報

イメージセンサー

FPD製造

FPD(フラットパネルディスプレイ)は、デジタルサイネージ等の大型デバイスから、スマートフォンやスマートウォッチなどの中小型デバイスまで、その用途ごとに、大きさと性能が異なる様々な製品が展開されており、新たなディスプレイデバイスの開発も日進月歩で進んでいます。

FPDはマザーガラスの受け入れから最終商品に至るまでの間に多くの製造工程が存在するため、各製造工程における良品率を高めると共に、不良品を確実に検出する高度な品質検査が求められます。

今日、その多くの工程で幅広く画像による検査が行われており、ソニーの持つ高感度・高解像度・高速・低ノイズの産業用イメージセンサーが、製造工程における品質管理と生産性の向上に貢献しています。

代表的なユースケース

  • ピッチ計測
    FPDの製造工程には、配線ピッチやマスク幅、ギャップ、貼り合わせ位置など様々な計測工程があります。低ノイズ・高解像度・高速のイメージセンサーが適しています。
  • 欠陥検査
    マザーガラス表面の微細な欠陥やアレイ工程における配線パターンの異常、セル表面の異物を検出します。高画質・高解像度・高速のイメージセンサーが適しています。
  • ムラ検査
    アレイ工程では成膜ムラ、モジュール工程では色・輝度ムラを検出し、補正量を決定します。面内の画素性能が安定した低ノイズ・高飽和・高解像度のイメージセンサーが適しています。
  • facebook
  • twitter
  • linkedin
このページの先頭へ