製品情報

イメージセンサー

食品・医薬品・化粧品

食品・医薬品・化粧品は、人々が直接口にしたり肌に触れたりすることから、品質管理には特段の注意を払う必要があります。人の目で行われている品質検査をより効率化するために、マシンビジョンによる画像検査が活用されています。

マシンビジョンによる画像検査には、食品製造工程における選別や、飲料製造工程におけるペットボトル検査、化粧品やシャンプーなどの容器製造工程におけるラベル検査や封印チェックなどがあります。いずれも高速・大量の画像処理を必要とするため、歪みのない高速撮像を高画質で実現するソニーのグローバルシャッターCMOSイメージセンサーが最適です。

代表的なユースケース

  • 食品外観検査
    ライン上に大量に流れる果物などの外観キズを検出するめに、高画質・高解像度のイメージセンサーが適しています。
  • 錠剤検査
    多数の錠剤の外形・印字のキズ・欠け・汚れなどを検査するために、高速・高解像度のイメージセンサーが適しています。
  • 容器検査
    化粧品やシャンプー等の容器のラベル・フタの検査するために、高速・高解像度のイメージセンサーが適しています。
  • facebook
  • twitter
  • linkedin
このページの先頭へ