製品情報

イメージセンサー

自動車製造

自動車の生産工程は、プレス加工や溶接、塗装などの工程と、非常に多くの部品組み立て工程から成る長大なラインを構成しています。こうした複雑な工程である一方、搬送や溶接にはロボットシステムが導入され、生産ラインの自動化が最も進んでいる産業のひとつとなっています。

このような生産ラインでは、各種部品の検品、ロボットアームの位置制御、プレス部品や溶接ビードの計測、塗装品質の検査などにおいて、多数のマシンビジョンが活用されています。

ソニーは、優れた撮像性能を持つ産業用イメージセンサーの多様なラインナップの提供を通して、自動車の生産工程における様々な要求に最適なデバイスをご提案します。

代表的なユースケース

  • 溶接検査
    ボディ全体に多数ある、溶接箇所の品質検査には、高感度・高飽和・高速イメージセンサーが適しています。
  • 塗装検査
    外観品位に関わる色ムラやゴミブツ、キズの検出には、高解像度・高飽和のイメージセンサーや偏光センサーが適しています。
  • 組立工程
    高精度なロボットアームの制御用の小型カメラには、小型・高速・低消費電力のイメージセンサーが適しています。
  • facebook
  • twitter
  • linkedin
このページの先頭へ