製品情報

イメージセンサー

SLVS-ECとは?

SLVS-EC(Scalable Low Voltage Signaling with Embedded Clock)は、ソニーが開発した多画素高速イメージセンサー向けの高速インターフェース規格です。シンプルなプロトコルのため、容易にカメラシステムが構築できます。また、エンベデッドクロック方式を採用しているため、高速化や長距離伝送に適しています。

SLVS-ECの特徴

高速性

多画素かつ高速なイメージセンサーをピン数やパッケージサイズを増やすことなく実現可能です。最大5Gbps/laneまで対応しています。(2020年11月時点)

マルチレーン機能

イメージセンサーとFPGA またはDSP間の接続構成の自由度が高いため、様々な使い方ができます。

  • マルチインターフェース

  • SLVS-ECの基本の構成は1~8レーンですが、これを複数搭載することにより、高速のデータ転送が可能です。

  • マルチセンサー

  • 複数のイメージセンサーを1つのFPGA/DSPで受信することにより、多眼カメラなどの用途に使うことができます。
    クロックレーンがなく、また等長配線が不要のため、センサーを自由に配置することができます。

  • マルチストリーム

  • 複数の種類の画像を1つのイメージセンサーから同時に出力することが可能です*1。

  • 例)
    全画素 動画 + Full HD 静止画 等

  • *1:マルチストリーム機能は、民生用カメラ向けセンサーに実装されています。(2020年11月時点)

実装容易性

一般的なインターフェースで使用されている8B10Bコーディングを使用しており、産業用カメラに広く使われているFPGAなどへの接続が可能です。
エンベデッドクロック方式のため、レーン間スキューを調整する必要がなく長距離伝送に適しています。
プロトコルがシンプルなため実装が容易です。

SLVS-EC規格について

最新バージョンの仕様書の入手方法については、下部の「製品・サービスに関するお問い合わせはこちら」ボタンよりご確認ください。

SLVS-EC規格は、日本インダストリアルイメージング協会(JIIA)で、標準化を行っています。
JIIA ホームページ(外部リンク)

規格必須特許のライセンスプログラムについてはこちら

*SLVS-ECおよびロゴは、ソニーグループ(株)またはその関連会社の登録商標または商標です。

SLVS-EC搭載製品

当社のSLVS-ECの搭載製品は、製品のリストをご参照ください。I/F(Interface)欄に"SLVS-EC"と記載のある製品が該当します。

※これより先は、当社が委託した株式会社セールスフォース・ドットコムのサイトへリンクします。

このページの先頭へ