製品情報

イメージセンサー

技術紹介

ソニーの車載イメージセンサーの強み

高感度
夜間等の低照度の環境下において、対象物の色、形を認識することが可能なほどの高感度特性により、照明のない夜間の走行時に高品質な情報の取得が可能です。
高ダイナミックレンジ (HDR)
逆光やトンネルの出入り口など、明暗差が大きなシーンにおいて、白飛び、黒潰れの少ない高品質な情報の取得が可能です。
LFM (LED Flicker Mitigation)
LED光源を用いた信号機や標識を撮像する際に発生するフリッカーを抑え、高品質な情報を取得することが可能です。 (IMX390)
このページの先頭へ