ニュースリリース・お知らせ

ニュースリリース

報道資料
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。

2021年10月6日

AIカメラを活用したセンシングソリューションの効率的な開発・導入を可能にする
エッジAIセンシングプラットフォーム「AITRIOS(アイトリオス)™」のサービスを開始

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社(以下、ソニー)は、エッジAIセンシングプラットフォーム「AITRIOS(アイトリオス)™」のサービスを、日本・米国・欧州を皮切りに、年内より順次、提供開始します。本サービスを活用し、AIカメラなどを用いたセンシングソリューションの開発・導入を手掛けるパートナー企業を広く募集します。
本プラットフォームは、AIカメラなどを活用したセンシングソリューションの効率的な開発・導入を可能にします。サービスの第一弾として、AIデベロッパー、アプリケーションデベロッパー、カメラメーカー/モジュールインテグレーター、システムインテグレーターなど、ソリューション実現の担い手となるさまざまなパートナーに向けて、エッジからクラウドを含めたソリューションを容易に構築するためのさまざまな機能をワンストップで提供します。
本プラットフォームを通じて、エッジとクラウドが共働し、地球環境に配慮した最適なシステムや、パートナーによるエッジAIを用いたセンシングソリューションの普及・拡大を支援し、さまざまな産業に対する新たな価値提供や課題解決に貢献することを目指します。

環境認識と課題
AIの進化やIoTの普及、デジタルトランスフォーメーションの加速に伴い、イメージセンサーで撮像した画像からデータを抽出し認識を行うセンシング技術を用いた、新たな価値提供やビジネスの課題解決への活用のニーズが高まっています。一方で、スマートフォンをはじめ、セキュリティカメラ、家電、車など、画像を取得・活用するIoTデバイスが増加し続ける中、それらを支えるクラウドシステムへの過度な依存が懸念されています。IoTデバイスから伝送される膨大なデータや、それによるシステム利用時の消費電力の増加が社会的な課題となっています。さらには、個人を特定できるデータをクラウドに保存することに伴うプライバシー上の懸念、データ転送遅延(レイテンシー)の発生、データ改ざんなどセキュリティ上の懸念、緊急時におけるサービス中断時のリスクなど、さまざまな課題がセンシングソリューションの普及・拡大への障害になっています。

エッジとクラウドの共働/インテリジェントビジョンセンサー「IMX500」
これらの課題解決のために、クラウド側とIoTデバイスなどのエッジ側で負荷を分散するシステム構築が注目されています。データを集中的に処理するクラウドに対し、エッジ側で必要な処理を行うことは、クラウドへの送信データ量と送信後のデータ処理量を減らし、消費電力やデータ転送遅延の改善、プライバシーへの配慮、さらにインターフェースの多いクラウド側に接続しないことによるセキュリティの向上や、エッジ側で完結することによるサービスの継続性(サービス・コンティニュイティ)などのメリットがあります。
ソニーは、2020年5月に世界初※1のAI処理機能を搭載したインテリジェントビジョンセンサー「IMX500」を商品化しました。センサーの画素チップとロジックチップを積層させる技術を用いて、ロジックチップにソニー独自のDSP(Digital Signal Processor)を搭載することで、画像データの入り口であり、エッジの始点に位置するイメージセンサー内でAI処理を行うことができます。これにより、センサー自体が高速なAI処理やメタデータの出力を可能にし、さまざまな業界におけるセンサーAIを活用したセンシングソリューションの提供を推進してきました。

※1 イメージセンサーとして。ソニー調べ。(2020年5月14日広報発表時)

エッジAIセンシングプラットフォーム「AITRIOS」の特長
AITRIOSは、「IMX500」に加え、AIカメラ上で動作するAIを開発するAIデベロッパー、AIを活用したセンシングアプリケーションを開発するアプリケーションデベロッパー、AIカメラを開発するカメラメーカー/モジュールインテグレーター、それらAIカメラおよびセンシングアプリケーションを統合してシステム構築を担うシステムインテグレーターなどのパートナーに向けて、ソリューションの実現に必要なさまざまな機能を提供します。
イメージセンサーは、他のIoTデバイスに比べ取得できる情報量が多く、データの取り扱いが難しいことが、パートナーにとっての参入障壁となっています。ソニーは、イメージセンサーで培った技術と知見を用いて、AIに最適化したデータ出力を可能にします。加えて、エッジからクラウドを含めたセンシングソリューションを容易に構築できるワンストップなプラットフォームを提供することにより、パートナーはそれぞれのニーズに合わせた高性能なアプリケーションやソリューションの開発・導入を効率的に行うことができます。AITRIOSは、今後、ソニーが提供する「IMX500」以外のセンシング用イメージセンサーについても対応するなど、サービス内容を継続的に拡充する予定です。
本プラットフォームは、エッジとクラウドが共働し、地球環境に配慮した最適なシステム構築を支援することで、クラウドシステムが抱える課題解決を後押しします。さらに、パートナーによるさまざまな事業領域におけるエッジAIを用いたセンシングソリューションの普及・拡大を加速させ、社会やお客様に対する新たな価値提供や課題解決に貢献します。
また、統計的手法を用いるAIが、システムの設計時点で想定しなかった出力・判断を行うことで起こしうるAI倫理上の懸念に対して、信頼できるAIの実現・提供に向けて、パートナーと協力して取り組んでいきます。

「AITRIOS(アイトリオス)」という名称は、本プラットフォームのキーワードである“AI”と、3つのSを意味する“trio S”を合わせた造語です。3つのSはAITRIOSを通して社会に提供していくSolution、Social Value、Sustainabilityの意味が込められています。

<AITRIOSのサービス概要>

  • 提供開始時期
    2021年内
  • 対象
    AIデベロッパー、アプリケーションデベロッパー、カメラメーカー/モジュールインテグレーター、システムインテグレーター
  • 対象地域
    日本、米国、欧州を皮切りに提供開始※2
    ※2 今後順次対象国・地域を拡大していく予定
  • プラットフォームの提供機能
    AITRIOSの提供機能一例 開発環境 マーケットプライス クラウドサービス

提供機能: 開発環境

  • AI/アプリケーション開発環境※3
    「IMX500」上で動作する小型のAIモデルおよびAIを活用したセンシングアプリケーション開発を支援する、ソフトウェア開発キット(SDK)やツール。
    (AIデベロッパー、アプリケーションデベロッパー向け)
  • クラウドアプリケーション開発環境※3
    エッジ側のセンシングアプリケーションに連動し、クラウド側で動作を最適化するためのアプリケーションの開発を支援する、ソフトウェア開発キット(SDK)やツール。
    (AIデベロッパー、アプリケーションデベロッパー向け)
  • AIカメラ開発環境
    「IMX500」を搭載したAIカメラの開発を支援する、ソフトウェア開発キット(SDK)やツール※3、リファレンスデザイン。
    (カメラメーカー/モジュールインテグレーター向け)

* 「IMX500」を搭載したAIカメラは、パートナーから販売予定。

※3 2021年内のサービス開始時点では提供なし。順次提供予定。

提供機能: マーケットプレイス※3

  • AIモデルやセンシングアプリケーションをダウンロードできる機能。
    開発したAIモデルやセンシングアプリケーションの登録も可能。購入・販売時の決済機能あり。
    (全パートナー向け)

提供機能: クラウドサービス

  • プロビジョニング(サービス提供の仕組み)
    AITRIOSを利用開始するためのセットアップが、QRコードの読み取りで簡単に実行できる機能。
    (システムインテグレーター向け)
  • デプロイメント(AIコンバーター)
    マーケットプレイスで購入、あるいは自ら開発したセンシングアプリケーションを、ソニー独自のAIコンバーターを介して、「IMX500」搭載のAIカメラに実装することができる機能。
    (システムインテグレーター、AIデベロッパー、アプリケーションデベロッパー向け)
  • AIリトレーニング(再学習)
    使用環境や条件の変化に応じて、AIモデルの再学習を行う機能。
    (システムインテグレーター、AIデベロッパー、アプリケーションデベロッパー向け)
  • デバイスマネジメント
    「IMX500」を搭載したAIカメラのソフトウェアのバージョン管理、稼働状況やエラーログなどのモニタリングを行う機能。
    (システムインテグレーター向け)
  • 外部クラウドサービス上のアプリケーションとの接続機能
    AITRIOSが提供するAPIを経由し、外部のクラウドサービス上のアプリケーションとの接続や、ニーズに応じて機能を追加することが可能。
    (システムインテグレーター向け)

■AITRIOS関連ページ: https://www.aitrios.sony-semicon.co.jp

<AITRIOSの活用事例>

  • 米国AIデベロッパーの例
    同社は、AITRIOSが提供するAI開発環境を用い、同社が保有していた顔検出や顔認証のAIモデルをベースに、「IMX500」のDSPで動作する、小型ながらこれら2つの機能を同時に実現する新たなAIモデルを開発しました。また、デプロイメント(AIコンバーター)機能を通じて遠隔での更新を実現しています。さらに、同じくAITRIOSが提供するAIの開発環境を用い、暗い場所など画像認識が難しい条件での評価を可能にし、さまざまな使用環境や条件下でも高い精度を誇るAIを効率的に開発することができました。
  • 米国アプリケーションデベロッパーの例
    同社が開発したビル内の空調システムのインテリジェント化に伴う電力消費抑制ソリューションは、ソニーとマイクロソフトの協業を進める中で立ち上げた共同イノベーションラボで開発支援を行いました。その中で、AITRIOSが提供するセンシングアプリケーション開発のためのSDKやツールが活用されています。同社独自の技術と、「IMX500」とマイクロソフトのAzureを用い、商業施設やオフィスビルなどの会議室や共有スペースなどの人の占有率を検出し、従来は人の有無に関係なく空調システムが稼働し続けていたのに対し、必要に応じて部屋を暖めたり、冷やしたり、換気することが可能になります。
  • 台湾モジュールインテグレーターの例
    同社が開発中の「IMX500」を搭載したAIカメラは、AITRIOSが提供するリファレンスデザインを活用しています。これにより、カメラハードウェアの効率的な開発を支援し、開発期間の短縮に貢献します。
  • 国内システムインテグレーターの例
    ソニーと日本マイクロソフトの協業を進める中で立ち上げた共同イノベーションラボで、IMX500とマイクロソフトAzure Cognitive Servicesを組み合わせ、複数社が小売業界や製造業向けなど、さまざまなソリューションを開発しています。同ソリューションには、AITRIOSが提供するデプロイメント(AIコンバーター)をはじめとする機能が活用されています。

※ AITRIOS、およびそのロゴは、ソニーグループ(株)またはその関連会社の登録商標または商標です。

一覧へ戻る
このページの先頭へ