採用情報

ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社

社員紹介

中野 安優美

相手の立場に立って考える姿勢がよりよいモノづくり追求に不可欠

中野 安優美

ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
製品技術
工学部 機能物質化学科
入社:2016年(新卒採用)
勤務地:長崎

現在の仕事内容

現在、私は製品技術を担当しており、その中でも半導体製品開発の最終段階でもある「出荷選別テスト」の仕様決定に携わっています。目的としては、選別項目、選別条件と選別スペックを決定した上で選別テストを実施することで、市場に不良品が流出しないようにしてます。

他部署とのやりとりが多い職種だけに、常日頃心がけているのは、相手の立場に立って考えること。設計者の意図を深く理解するのはもちろん、テストを実施する担当者にもわかりやすく伝えるように工夫しています。私がしっかりと製品の特性を理解してないと、不良品が出荷されてしまう危険性があるだけに責任は重大ですが、一つの製品の開発と量産の懸け橋となれる点にやりがいを見いだしています。

入社理由と経歴

スマートフォンやデジタルカメラなどに幅広く用いられているソニー製のイメージセンサーは、その高度な画像表現力が評価されて世界シェアNo.1を誇っています。大学で化学を専攻してきた私にとって、半導体は専攻の延長線上にある分野。世界に名だたる製品づくりは挑みがいがあると感じて入社を決めました。

入社後2年間はプロセス技術部に所属し、半導体生産ラインの洗浄工程プロセスの開発・改善に取り組んでいました。洗浄工程ではウェーハ上のゴミを除去したり、不要なレジストを剥離するために薬液をかけて処理する工程を担当。除去率を上げて品質向上を実現するために様々な条件で検証しながら、よりよい工程のあり方を探していました。

中野 安優美

これからチャレンジしたいこと

中野 安優美

現在、私が担当している製品は、去年の夏から開発がスタートしたのですが、まさしく今、検証を重ねて出荷選別テスト仕様を作成している段階です。この製品を形にして、早く世に送り出していくのが今の目標。製品開発プロジェクトのメンバーと協力し合いながら、的確かつスピーディに検証・改善を重ねていきたいと思っています。

また、現在は先輩に業務を教えてもらっている段階ですが、より深く技術的な知識を習得していくことで、私一人で仕事を完結できるようになりたいです。将来は後進に業務を教えられるくらいのレベルに到達することが目標です。

こんなところが魅力!

半導体は電気系学科出身者が多い世界ですが、当社の場合研修体制が手厚く、配属後も密な教育プログラムがありますし、OJT制度を通して先輩がキメ細かくサポートしてくれるので、異なる学科の卒業生でも十分にチャンスがあると思います。

ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング社員紹介

このページの先頭へ