ニュースリリース・お知らせ

お知らせ

2022年6月15日

手や指の動きまでスムーズな描写を実現する
ToFを活用したAR開発用SDK「ToF AR」の一般公開を開始

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社(以下、SSS)は、手や指の動きまでスムーズな描写を実現し、AR開発を加速することができるソフトウェア開発キット(SDK)「ToF(Time of Flight)AR」を、6月15日(水)よりDeveloper World*¹で開発者向けに一般公開します。AR技術とは、物体や建造物の深度(Depth)情報を利用して、画面上で実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示することで、目の前にある現実を拡張して表現する技術です。主に、スマートフォンなどのエンタテインメント用アプリケーションなどで使われています。
SSSが開発した「ToF AR」は、ソニーグループ株式会社 R&Dセンターと共同開発した独自のAI処理技術により、手や指の動きまでスムーズに描写することができます。
これにより、以下のような機能を実現するアプリケーションの開発をUnity*²上で行うことを可能にします。
①ハンドジェスチャー機能、②身体の動きを認識して滑らかに描写する機能、③3Dデータを作成するモデリング機能、④深度情報を元に周りの環境を構築するメッシュ処理(Meshing)機能など。
■Developer World 「ToF AR」公開ページ:https://developer.sony.com/ja/develop/tof-ar/

<サンプル動画>

本SDKは、ARを活用したモバイル向けのゲームをはじめ、服や靴のサイズやデザインが自分と合うかを確認できるバーチャル・フィッティング、部屋を計測して寸法に合った家具を選ぶことができるバーチャル・レイアウト、空間に描いたイラストや文字を周りの空間と一体化させ、他の人にシェアする新感覚コミュニケーションなど、さまざまな用途での活用が期待できます。

<バーチャル・フィッティング>

<バーチャル・レイアウト>

<新感覚コミュニケーション>

なお、本SDKは、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントと中国大手動画プラットフォームbilibiliを運営する上海寛娯数碼科技有限公司が、共同プロジェクトとして運営する「バーチャルシンデレラプロジェクト(VCP:Virtual Cinderella Project)」の公式配信番組などで活用される予定です。
バーチャルシンデレラプロジェクト詳細はこちら:https://virtual-cinderella.jp/
バーチャルシンデレラプロジェクト公式YouTubeはこちら:NHOT BOT オフィシャル【公式】バーチャルシンデレラプロジェクト - YouTube

「ToF AR」のSDK一般公開を通じ、深度情報を活用したアプリケーションの開発を促進し、新たなスマートフォンの体験価値の創造に貢献してまいります。

*1) Developer World:Sony Europeが運営する、ソニーがサポートしている開発プログラムをまとめているサイト。
URL: https://developer.sony.com/ja/
*2) Unity:Unity Technologies社が提供する、ゲームを作るための統合開発環境であるゲームエンジンや実行環境などを備えたゲーム開発プラットフォーム。

以上

一覧へ戻る
このページの先頭へ