環境・社会貢献・品質

社会貢献

当グループは、社会・地域とのより豊かな関係づくりをめざして社会貢献活動に取り組んでいます。

リングプル収集活動による車椅子の寄贈

リングプル収集活動による車椅子を寄贈をしてる子供たちの画像

ソニーセミコンダクタマニュファクチャリングでは、空き缶のリングプルを回収して、車椅子と交換し、地元の養護学校や老人福祉センターなどに寄贈する活動を2001年から続けています。活動の輪は、ソニーグループ内にとどまらず、近隣の小中学校にも大きくひろがり、今では、年間2台のペースで寄贈できるようになりました。

  • ※車椅子1台と交換できるリングプルの数量は、アルミ価格の変動や車椅子の種類によって異なります。

世界の子供たちにワクチンを

回収した空ペットボトルのキャップを囲む子供たちの画像

ペットボトルのキャップを回収し、世界の子ども達へワクチンを寄贈するボランティア活動を続けています。また、実業団女子ハンドボール部(BLUE SAKUYA)も、2008年から「僕のルール・私の理由」という活動に参加し、日本リーグの全試合を対象に、得点ごと、あるいは、7mスローを阻止するごとに、ワクチン1本分に相当する額を活動団体へ寄付しています。

清掃ボランティア

清掃活動中の画像

当グループでは、毎年、各拠点の周辺地域を中心に、清掃活動を行なっています。また、「歩きing」などのイベント開催時には、従業員の家族も参加するなど、この活動を通じて、一人ひとりの環境意識の高揚と、自然環境の保護に努めています。

TABLE FOR TWO

2010年から、「TABLE FOR TWO」の活動に参加しています。活動の趣旨に賛同する従業員は、社員食堂で寄付金分を上乗せして支払い、そのお金は、食堂業務を委託している会社を通じて、「TABLE FOR TWO」の活動団体へ贈られます。

ハンドボールの競技指導

実業団女子ハンドボール部が地元の子供たちへハンドボールの競技指導を行っている画像

ソニーセミコンダクタマニュファクチャリングの実業団女子ハンドボール部(BLUE SAKUYA)は、スポーツの楽しさを実感したり、チームワークの大切さを学ぶ機会につながることを願って、毎年、地元の子どもたちへ、ハンドールの競技指導を行なっています。「スポーツの楽しさ、ルールやチームワークの大切さなどを伝えられたら・・」と思っています。

小規模集落応援隊

ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング 大分テクノロジーセンターでは、高齢化や過疎化が進む地域の活性化に貢献しようと、県が運営する「小規模集落応援隊」に登録し、2009年から、休日などを利用して、道路の補修や草刈り、清掃作業などのお手伝いをしています。

モノづくり教室の開催

「モノづくり教室」での子どもたちと当グループ従業員の画像

モノづくりの楽しさを通じて子どもたちの創造力を養い、科学や技術に対する好奇心を高めようと、当グループでは『モノづくり教室』を開催しています。

大分国際車いすマラソン開催サポート

ボランティア・スタッフとして参加する従業員の画像

大分県が主催する「大分国際車いすマラソン」に、毎年、多くの従業員が、ボランティア・スタッフとして参加しています。全力をつくして競いあう選手の皆さんの姿に深い感銘を受け、ボランティアへの参加人数は、年々、増えています。

ヘルスキーパー制度について

ラジオ局のチャリティキャンペーンに寄付している画像

ソニーLSIデザイン福岡事業所では障がい者雇用の一環として、ヘルスキーパー(企業内理療師)を採用し、社員の疲労回復や健康増進に役立つマッサージを行っています。
マッサージの利用料は、毎年ラジオ局のチャリティキャンペーンに寄付し、視覚に障がいを持つ方に有効な「音の出る信号機」の設置や点字教室の運営などに役だっています。

このページの先頭へ