企業情報

グループ

ソニーにおける半導体事業

ソニーの半導体事業は1954年に日本で初めてトランジスタを商用化したことから始まります。それ以来、ソニーの独創的な製品や市場の創出に貢献し続けています。イメージセンサーの分野では1980年に世界初のCCDカラーカメラを商品化し、さまざまなヒット商品を生み出しました。2004年以降は低消費電力で高速読み出しを実現したCMOSイメージセンサーへ注力し、2009年には裏面照射型CMOSイメージセンサーを、2012年には積層型CMOSイメージセンサーを世界で初めて商品化しました。スマートフォン市場の拡大を背景に、現在もイメージセンサーにおいて業界トップを走り続けています。

イメージセンサーにおけるリーディングカンパニー

ソニーセミコンダクタソリューションズグループは、イメージセンサーを中心として、マイクロディスプレイ、各種LSI、半導体レーザーなどを含むデバイス事業を展開しています。中でも世界シェアのトップを走るイメージセンサーはモバイル向けを中核として、今後は車載カメラや監視カメラ、ファクトリーオートメーションなど新規領域における成長が期待されています。従来のデジタルカメラやモバイル向けなどの鑑賞領域としてのイメージセンサーは、個人の便利さや楽しみを提供してきました。それに加えて、社会の便利さや、安全・安心を提供する、認識領域としてのセンシング用途のイメージセンサーを次の成長の柱と位置付けて、“リーディングカンパニーとしていつまでも社会に必須の存在であり続ける”ことを長期ビジョンとして掲げています。ソニーセミコンダクタソリューションズグループは、これまでも技術革新によってイメージセンサーの新たな市場を創造し続けてきましたが、今後もさらなる成長をめざしてチャレンジし続けます。

研究開発から設計・生産、販売まで

本社機能および研究開発と商品企画・設計を担うソニーセミコンダクタソリューションズ、プロセス開発・生産を担うソニーセミコンダクタマニュファクチャリング、商品設計を担うソニーLSIデザイン、距離画像センサー(ToF)を開発するベルギーのSony Depthsensing Solutions、LTE通信モデムチップを開発するイスラエルのAltair Semiconductorなど、開発から生産、販売までソニーセミコンダクタソリューションズグループが一体となり最先端の製品を生み出しています。

欧州、イスラエル、アジア、日本、米国にまたがるソニーセミコンダクタソリューションズグループを示す世界地図
このページの先頭へ