Imaging and Sensing Solution

Sony's technology

  • 車載LiDAR向けSPAD測距センサー

    ソニーは、業界初となるSPAD(Single Photon Avalanche Diode)画素を用いた車載LiDAR(ライダー)向け積層型直接 Time of Flight(dToF)方式の測距センサーを開発しました。SPAD画素と測距処理回路を積層して1チップ化することで、最大300mの距離を15cm間隔で、高精度かつ高速に測定できます。

    ※:車載LiDAR向け積層型測距センサーとして。ソニー調べ(2021年2月18日広報発表時点)

Sony's technology

  • 車載LiDAR向けSPAD測距センサー

    ソニーは、業界初となるSPAD(Single Photon Avalanche Diode)画素を用いた車載LiDAR(ライダー)向け積層型直接 Time of Flight(dToF)方式の測距センサーを開発しました。SPAD画素と測距処理回路を積層して1チップ化することで、最大300mの距離を15cm間隔で、高精度かつ高速に測定できます。

    ※:車載LiDAR向け積層型測距センサーとして。ソニー調べ(2021年2月18日広報発表時点)

採用情報

新たなストーリーを生み出すために、
ソニーは一人ひとりの個性や挑戦を生かす選考や環境、制度をご用意しています

グループの拠点

研究開発から生産、販売までソニーセミコンダクタソリューションズグループが一体となり最先端の製品を生み出しています

このページの先頭へ