SPRESENSE™は、低消費電力でありながら、GPS受信機能とハイレゾリューション・オーディオコーデックを搭載したIoT向けボードコンピュータです。例えば、GPSと高機能プロセッサを活用したドローンや、ハイレゾリューションオーディオの再生・録音、内蔵フルデジタルアンプを活用したスマートスピーカ端末、低消費電力を活かした定点撮影カメラなど、IoTを今まで以上にスマートで高度なものにしていきます。

SPRESENSEメインボード「CXD5602PWBMAIN1」(左)

SPRESENSE拡張ボード「CXD5602PWBEXT1」(右)

SPRESENSE の主な仕様

型名 メインボード「CXD5602PWBMAIN1」
サイズ 50.0 mm x 20.6 mm
CPU ARM® Cortex®-M4F 6個搭載
最大クロック周波数 156MHz
SRAM 1.5MB
フラッシュメモリー 8MB
デジタル入出力 GPIO, SPI, I2C, UART, PWM, I2S
アナログ端子 2ch (0.7V レンジ)
GNSS GPS, GLONASS
その他 カメラインターフェース
GPSチップアンテナ搭載
型名 拡張ボード「CXD5602PWBEXT1」*
サイズ 68.6 mm x 53.3 mm
オーディオ入出力 4ch アナログマイク入力
ヘッドホン出力
デジタル入出力 3.3V もしくは 5.0V
アナログ端子 6ch (5.0V レンジ)
その他 SDカードスロット

*拡張ボードは、メインボードがなければ動作しません

SPRESENSE™ 搭載LSI (CXD5602/CXD5247) 仕様

CXD5602 の主な仕様

高精度の測位機能

  • 超低消費電力
  • マルチGNSS測位機能
    GPS, GLONASS, SBAS, Galileo, Beidu に対応可能

ハイスペックのハイレゾリューションオーディオ機能

  • 192 kHz/24bit ハイレゾリューションオーディオコーデック
  • 192 kHz A/D コンバータを搭載
  • 8チャンネルマイク入力(デジタルマイクの場合)
  • フルデジタルアンプによるBTLステレオ出力

豊富な計算能力

  • ARM® Cortex®-M4Fを6つ搭載
  • FD-SOI による低消費電力駆動サポート
  • CPU間通信のためのASMPフレームワーク
  Chipset
CXD5602GG CXD5247GF
Pin configuration 185pin FCBGA 156pin WLCSP
Package size[mm] 6.5 x 6.5 5.34 x 5.56
Package height[mm] 1.0 0.5
Ball pitch[mm] 0.4 0.4
Technical Manual PDF PDF
  • ※ SPRESENSE、SPRESENSEは、ソニー株式会社の商標です。
  • ※ その他、記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。