ARソリューション開発を加速するholographic waveguide displayを紹介

ソニーセミコンダクタソリューションズは、米国カリフォルニア州サンタクララにて現地時間5月31日(水)より開催される「AWE(Augmented World Expo) USA 2017」において、LMX-001 holographic waveguide displayを紹介します。ブースでは、LMX-001を搭載したプロダクトを参考出品し、様々なAR (拡張現実) ソリューションの事例を提案します。

主な展示

LMX-001 Holographic waveguide display

AR Safety glasses : 作業指示情報の表示

LMX-001を搭載した保護グラスは、生産やメンテナンスなどの現場において、業務効率の向上に貢献します。ユーザは作業しながらディスプレイに表示される指示内容を確認できるので、作業時間の短縮が期待できます。 自動車工場における作業指示のデモを展示します。既に保護グラスを使用している現場に適用可能なプロダクトです。

AR Safety glasses : 物流情報の表示

LMX-001を搭載したウエアラブルグラスは、物流倉庫においても、業務効率の向上に貢献します。ユーザは移動しながらディスプレイに表示される棚番、商品名、指示数等の内容を確認できるので、作業時間の短縮が図れます。同時に作業ミスの削減効果も期待できます。オーダーピッキング作業のデモを展示します。ウエアラブルスキャナーを併せて使用することで、ユーザはハンズフリーでの作業が可能となります。

AR Enterprise glasses : バイタルデータの表示

LMX-001を搭載した業務用ウエアラブルグラスは、日常の活動量データの表示から本格的な業務データの表示まで、即時性が要求される情報の表示に幅広く活用が可能です。一例として心拍数などのバイタルデータをリアルタイムにディスプレイに表示するデモを展示します。救助隊や消防隊などの現場において、刻一刻と変わる状況を、視界に重ねて表示することにも応用可能です。

展示ブースのご案内

#530 Eyewear Pavilion

LMX-001 holographic waveguide display 製品情報

http://developer.sony.com/ja/lmx