産業機器向け 近赤外感度向上 CMOSイメージセンサシリーズ

IMX222LQJ/IMX236LQJ/IMX238LQJ

HD/フルHD対応 産業機器向け高感度CMOSイメージセンサ

ソニーでは、産業機器向けに近赤外領域の感度向上を図り、当社従来品を大きく上回る低照度時の高画質を実現したCMOSイメージセンサ「IMX222LQJ」、「IMX236LQJ」、「IMX238LQJ」を開発しました。
新開発したプロセス技術・画素技術により、すでに商品化している「IMX122LQJ」、 「IMX136LQJ」、「IMX138LQJ」に対し、近赤外領域の感度を最大で2倍向上しました。近年、必要性が高まっているDay/Nightカメラにおいても、視認性の拡大による監視性能の向上や、LED部品点数の削減による低消費電力化・コストダウンが実現できます。

IMX222LQJ

  • 対角1/2.8型 有効約243万画素
  • フレームレート 40frame/s
  • 画素サイズ 2.8µm角単位画素

IMX236LQJ

  • 対角 1/2.8型 有効約238万画素
  • フレームレート 120frame/s
  • 画素サイズ 2.8µm角単位画素

IMX238LQJ

  • 対角 1/3型 有効約 137万画素
  • フレームレート 60frame/s
  • 画素サイズ 3.75µm角単位画素

Exmor
※ "Exmor"は、ソニー(株)の商標です。
この"Exmor"は、列並列A/D変換方式の採用により、高速処理、低ノイズ性能、低消費電力に優れたCMOSイメージセンサです。

近赤外領域における感度向上

産業機器分野のカメラには、低照度時の画質向上が強く求められています。ソニーでは、その要望に応えるため、可視光域だけではなく近赤外領域での感度を向上させたCMOSイメージセンサを開発しました。EXview HAD CCDTM で培った技術をCMOSイメージセンサに適用し、近赤外領域での感度を当社従来品に対して最大で2倍向上しました。これにより夜間でも被写体が十分に判別できるクリアな映像を得ることができます。 (写真-1) 。

※ EXview HAD CCDは、ソニー(株)の商標です。

優れた解像度と高感度の両立

今回開発したIMX222LQJ, IMX236LQJ, IMX238LQJは、ソニー独自の技術を用いて、当社従来品同様の高い解像度、低いクロストークを保ちながら、近赤外領域における感度特性の大幅な改善を実現しました。

当社従来品との互換性

IMX222LQJ, IMX236LQJ, IMX238LQJは、イメージサイズ、画素数、パッケージ、ピン配置を当社従来品であるIMX122LQJ, IMX136LQJ, IMX138LQJとそれぞれ同一にして互換性を保ちました。現在当社従来品をご使用のお客様は、本シリーズへの置き換えが容易にできます。IMX222LQJ, IMX236LQJ, IMX238LQJの性能をぜひお試しください。

※画像上でマウスカーソルが変化するものは、クリックして頂くと、新しいWindowが開き拡大画像が表示されます

写真-1 画像サンプル (IRCF無し 波長850nmのLEDランプを照射)

写真-1-1

IMX138LQJ (従来品)

写真-1-2

IMX238LQJ

写真-1-3

IMX122LQJ (従来品)

写真-1-4

IMX222LQJ

表-1 素子構造
項目 IMX222LQJ IMX236LQJ IMX238LQJ
イメージサイズ 対角6.4 mm (1/2.8 型) 対角6.4 mm (1/2.8型) 対角6.28 mm (1/3型)
有効画素数 1984 (H) × 1225 (V)
約243万画素
1944 (H) × 1224 (V)
約238万画素
1305 (H) × 1049 (V)
約137万画素
ユニットセルサイズ 2.8 µm (H) × 2.8 µm (V) 2.8 µm (H) × 2.8 µm (V) 3.75 µm (H) × 3.75 µm (V)
入力駆動周波数 54 MHz / 37.125 MHz 54 MHz/27 MHz/
37.125 MHz/74.25 MHz
54 MHz/27 MHz/
37.125 MHz/74.25 MHz
パッケージ 94-pin LGA 94-pin LGA 94-pin LGA
電源電圧VDD (標準値) 2.7 V / 1.8 V / 1.2 V 2.7 V / 1.8 V / 1.2 V 3.3 V / 1.8 V / 1.2 V
感度 (F5.6) (標準値) 510 mV 510 mV 1300 mV
飽和信号量 (最小値) 812 mV 812 mV 1440 mV
出力方式 CMOSパラレル, 低電圧版LVDSシリアル CMOSパラレル, 低電圧版LVDSパラレル/シリアル CMOSパラレル, 低電圧版LVDSパラレル/シリアル
通信インタフェース I2C, 4線シリアル I2C, 4線シリアル I2C, 4線シリアル
駆動モード (全画素) 1984 (H) × 1225 (V)
約243万画素
10 bit 40 frame/s,
12 bit 20 frame/s
1944 (H) × 1224 (V)
約238万画素
10 bit 108 frame/s,
12 bit 54 frame/s
1305 (H) × 1069 (V)
約137万画素
12 bit 60 frame/s
駆動モード (HD) 1984 (H) × 1105 (V)
約219万画素
10 bit/12 bit 30 frame/s
1944 (H) × 1104 (V)
約214万画素
10 bit 120 frame/s,
12 bit 60 frame/s
1305 (H) × 733 (V)
約96万画素
12 bit 60 frame/s

※ 本資料に記載されております規格等は,改良のため予告なく変更することがありますので,ご了承ください。

VOICE

設計者集合写真 (大畠、高橋、井谷、工藤、本橋)

高速・高精細なソニーのCMOSイメージセンサに、近赤外高感度の付加価値を加えました。 この成果は、プロダクトメンバーが一丸となってデバイス開発に尽力したたまものであると自負しております。人間の目を超える電子の目へと進化したソニーのCMOSイメージセンサを是非ご検討ください。