ソニーのプロジェクター用マイクロディスプレイには、反射型の"SXRD"と透過型の"BrightEra"の2方式があり、それぞれの特長を生かした用途を提案しています。

SXRD:Full HDホームプロジェクター 4Kホームプロジェクター 4Kデジタルシネマ、BrightEra:モバイル 超短焦点 システムユース

"SXRD" (Silicon X-tal Reflective Display)

"SXRD"は、単結晶シリコンを駆動基板に用いた反射型液晶ディスプレイで、ソニーの独自技術による高画質を実現しています。
家庭用プロジェクターやデジタルシネマなど、高精細で高コントラストなリアリティーある画像を望まれる用途に適しています。

特長

  • 高精細: Full HD (1920×1080) 、4K (4096×2160) 表示可能
  • 高コントラスト:ノーマリブラックモード
  • 高開口率: 90%以上。画素感を感じさせないフィルムライク画像
  • 高耐光性:無機配向膜使用

SXRDの構造

世界初の家庭用4Kプロジェクター
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201110/11-1003B/

"BrightEra"

"BrightEra"は、無機配向技術を搭載した高温ポリシリコンTFT透過型液晶デバイスとして、他社に先駆けて開発に成功したマイクロディスプレイデバイスです。
AVプロジェクタ向け "SXRD"の高画質と高耐久性を応用展開し、さらに高輝度化に対応した最適設計により世界最高水準の明るさとコントラストを実現しました。
TV会議室やオープンスペースでのミーティング、教室といった明るい環境下でも鮮明な映像が望まれる用途に適しています。

特長

  • 高輝度対応:高光利用効率
  • 高コントラスト:ノーマリブラックモード
  • 高耐光性:無機配向膜使用

BrightEraの構造

詳しくはコチラ
https://www.sony-semicon.co.jp/products_ja/BrightEra/index.html


※"BrightEra"およびロゴはソニー株式会社の商標です。


※"SXRD"およびロゴはソニー株式会社の商標です。